私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

銅板の代わりに、アルミ板

まるひろ


どの分野でも、特殊な道具なんてものがありますよね。
関係ない人から見れば、ただのガラクタ。
だけど、関係ある人から見れば大変意味のある道具
だったりするから余計にかっこよく見えます。

何でこんな話をするかっていうと、話題が銅板だから。

銅板なんて、一般的な生活をしている面では、全く意味無し。
だけど、熱に関係する場合は色んなところで活躍します。
パンの場合もそう、上からも下からも均等に熱を伝えるため、
オーブンで焼く時に銅製の板しいて焼くと”いい感じ”になるようです。

この”いい感じ”。
イメージは湧きますが、使ってみないと本当のところ分かりません。
といっても、意外と銅板って売ってないんですね。

例によって、スーパー日曜大工の親父に
「厚み1.5~3mmくらいの銅板 買って来て」
とお願いしたのですが(まったく酷い息子です)、
いわゆるホームセンターには売ってないようです。

そこで、親父から「アルミ板じゃだめ?」との提案。
アルミ板なら3mmの厚さもあるとのこと。

なるほど、アルミか・・・・
値段も銅より安いし、ためしに使うには丁度いいかも。

用は比熱や熱伝導率の話なので、一応調べてみました。
すると、以下のような関係が見えます。

<鉄>
比熱 0.442KJ/(kg・K) 熱伝導率 80.3W/(m・K)
<銅>
比熱 0.386KJ/(kg・K) 熱伝導率 398W/(m・K)
<アルミ>
比熱 0.905KJ/(kg・K) 熱伝導率 237W/(m・K)
※全て純金属の数値です。

簡単に言えば、比熱は同じ質量あたりの温まりやすさ、
熱伝導率は熱の伝わりやすさです。
そうすると、確かにアルミは銅ほど熱を伝えやすくありませんが、鉄に
比べたらかなりいい値を持ってます。

親父が言うことにも納得です。
という訳で、アルミ3mmの板を銅板の変わりに購入してみました。

f0112574_2205248.jpg

アルミ板 厚み 3mm
(↑分かりづらいですが、家庭用オーブンの下面にアルミ板を置いています。)

そのうち結果をお知らせしますね。
(最悪、ダメだったら、これに絵を描くつもりです。)

※オーブンによっては故障の原因となりますので、まねして使用する場合は自己責任でお願いします。
by buinnX | 2012-09-24 17:26 | まるひろ と食べ物 | Comments(0)
<< TRUCK NEST コーノ式ドリッパー 4人用 >>