私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

PLUMPSACK (ハンカチ落とし)

まるひろ


久々に新作を購入しました。
近頃は、ほとんどの種類のボードゲームをそろえてしまったので、
新作を探す理由があまりなかったのですが、
飲みながらでもルールが理解できて、プレイできる楽しいやつが
欲しいな~人数も5人くらいまでで・・・

なんて探していたら、コレが目に付きました。
f0112574_21475641.jpg

Amigo ハンカチ落し

記憶系のゲームです。
(やっぱ飲みゲームは記憶系ですよね。
間違ってもスコットランドヤードは飲みゲームじゃない。
きっと警官同士で喧嘩になります。)

そして、ルールも簡単。
だけど、下の写真だけでちゃんと説明するのは難しいので、
さらに簡単に説明します。だから、若干うそね。
f0112574_2148574.jpg

以下、若干うそなルール説明。

上の写真のように8枚を裏にして配置。
次手番のプレイヤーに「これは何ですか?」と聞く。
聞かれたプレイヤーは、その絵柄を答える。

合ってれば、その絵柄の指示に従い、次の札へ。
次の札も正解すれば、また次の絵柄へ・・・と繰り返していき、
順繰りまわって、既に表になっている絵柄に戻ってきたら、
それを1ポイントとしてもらう。

という流れ。
間違えた時点で全て裏に戻し、次のプレイヤーへ順番が変わります。

とまあ、とにかく記憶です。
勿論勝つためには、「これは何ですか?」と聞くプレイヤーは、
答えるプレイヤーが覚えてなさそ~なカードを指定するわけです。
(そして、それは多分聞いているプレイヤーも覚えていないカードでしょうね)

そうです、要は神経衰弱と、山手線ゲームを足して2で割ったようなルール。
家飲みにはピッタリ。ただし、カードの種類が結構多いのが曲者です。

いっぺんに8枚も覚えられるかな~?と思いそうですが、意外といけます。
素面3人で一度やってみましたが、各々覚え方を理解できれば
結構普通に8枚記憶できました。

そして、このゲーム単純だからこそ、面白いです。
初心者も交えてのボードゲームには、オススメ。
by buinnX | 2012-07-21 22:53 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< コーノ式のドリッパー 雑誌 ”住む。” >>