私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

軽井沢合唱フェスティバル 2011

まるひろ


軽井沢合唱フェスティバルに行ってきました。
f0112574_13475416.jpg

今年は、初の”お客”として!

ずーっと聴講したかった、浅井道子先生の
「合唱の中のピアノ」と「メインコンサート」を
聴いてきました。

噂には聞いていましたが、
合唱の中のピアノは、すごい。一度は聴いたほうがいい。
一流の方の、楽器に対する向き合い方を知るいい講座です。

そして、メインコンサートもよかったけど、今回に限っては、
その後に行われた「Wishful Singing」のスペシャルコンサート
ですね。

f0112574_1415439.jpg

↑ Wishful singing

Wishfulについては、5人の女声合唱団で、
松下耕推薦の合唱団とチラシに書かれてましたが、
いまいち内容が記載されていなかったので
「へー どんなモンなんだろう?」
程度の認識。

多分、ほとんどの人はそうだったんじゃないかな?

それがどうですか。

しょっぱなからびっくり。

彼女達は、まるで”歌の宝石箱!”
その精密であり、しかし愛らしい演奏は、
まるで完璧なミルフィーユのよう。


会場内での話によると、
なんとWishfulは、世界6大合唱コンクールのトロサで
「12名以上の合唱団でないとグランプリ(1位)になれない」
という規定から審査外になったものの、
審査員が全員1位をつけた、
という驚異の経歴を持っているそうです。

・・・・・・・・・・

それをチラシに書いて欲しかった。
もちろん実際1位になった訳じゃないから、そのままでは
書けないのは分かるけど・・・・なにかないのでしょうか?

やけに今年の軽井沢で、Wishfulを押し出している
理由が、その時にやっと分かりました。

でも、
この良さ、あのチラシからじゃ分からない。
もったいないよ。

受けてみれば、ウィッシュフルも浅井先生の講座も
この価格で納得の充実感ですが、
チラシの少ない情報から、この価値を理解するのは
はっきり言って無理。


チケットの買い方から初めての私が、
お客目線として一言いえるならば。

「仕組みを知っている人間でも、
講座の内容や、購入の仕方が分かりづらい!」
と伝えたい。

軽井沢合唱フェスティバルを良くしたい一人の意見として、
真摯に対応していただける事を願っております。
by buinnX | 2011-08-23 17:40 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)
<< 米粉のパン屋 KOIGAKUBO Langhe Nebbiolo... >>