私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

久々にグレゴリオ聖歌

まるひろ


妻の状態も、やっと安定したので、
グレゴリオ聖歌の勉強に行ってきました。

前回、石川先生のレッスンを受けたのは1月ですね。
すぐにテキスト用の本を購入したのはいいのですが、
そこから個人的な予定やら震災やらつわりやら・・・と、
戻るまでに半年かかってしまいました。
f0112574_2142887.jpg

テキスト GRADUALE TRIPLEX
上の写真は、使っているテキストです。
厚さ3センチはある、辞書クラスのグレゴリオ聖歌集です。

多分、ほとんどの人は「グレゴリオ聖歌」ってなに?
という感じだと思います。
実は私も”ふるーい宗教音楽”くらいの
認識しかないので安心してください。

そんなわけで、私にとって、このレッスンは、
その「グレゴリオ聖歌」って何?
を理解するためでもあり、さらに、
その中にある音楽の基礎の勉強でもあります。

f0112574_2143523.jpg

↑ その中身。

グレゴリオ聖歌は、こんな楽譜未満のようなもの書かれています。
現在、楽譜は5線譜で書かれていますが、これは4線譜です。
さらに、黒い四角いものが音符です。

この四角が曲者。
ただの音符にあらず。
なんと、その形で求められている音を表現しています。
とは言っても、この四角だけでは人によって受け取り方が違うので、
それを補足するために、上下にミミズのような線が書かれています。

でも、初めてこのミミズをみて「ああ! こう歌うのか!」
と納得できる人は、ほぼいないはず。
だから、今回のようなレッスンが必要なんですね。


さて、一回の投稿で説明するには長すぎるので、
今回はこの辺で。
by buinnx | 2011-07-23 18:32 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)
<< ただちに犬 <バイタルサイン> 笑っちゃいけないけど >>