私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

PICCOLEO ソムリエナイフ その2

まるひろ


以前から使っているソムリエナイフだと、ワインのコルクが
途中で切れてしまう事がありました。

一番の原因は、へたくそな事なのは分かっているのですが、
言い訳を探すべくよくよく見てみると、その理由が分かりました。
どうやら、コルクに差し込むスクリューの部分が短いようです。

気になってはいたんですよね。
ワインの本を読むと、
「コルクを突き抜けてしまうと、コルクのカスがワインに落ちてしまうので、
突き抜ける感覚を覚えて、その前でスクリューを止めましょう」
といった内容が書かれていますが、今までのものは、
どんなにねじ込んでもその心配がない。

ある意味、初心者向け?

しかし、コルクの一番下まで届かないため、
全体を引っ張れずに途中で切れてしまうので、
逆に慣れた人向けか?

ワインが好きなメンバーで、飲もう!という雰囲気になった時に
途中で切れてしまうと、微妙な空気が流れるんですよね。
切れた部分から、もう一度差し込めば問題ないのですが、
それでも「おいおい。それどうすんだ?」、という無言のプレシャーが
圧し掛かってきます。

そんなわけで、違うものを購入してみました。
f0112574_22153431.jpg

ラギオール ピッコロ
(1500円くらい?)

以前のものに比べて、スクリューが長く、
コルクに入り込みやすいようにスジが入ってます。

これで、もう微妙な空気とはおさらばです。

エノテカ/お試しワインセット_125_125
e-shop WINE MARKET PARTYセブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
by buinnx | 2011-06-18 16:03 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 合唱やろうよ。 課題  風景画(とりあえず)完成 >>