私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

ピカルディ終止

まるひろ


停電も治まりをみせ、来週から公民館での練習を再開できるようになりました。
通常の練習も、やっと出来そうです。

練習曲
・Quem Vidistis Pastores Dicite/Francis Poulenc

音取りの段階では、ベースが極端に暇な曲ですね。
テナーやアルトは、往復の激しい音形のため大変そうですが、
それに引き換え、ベースは休符が多い。
休符以外は、ちょっとメロディーを歌うと他のパートとのオクターブになり、
そして比率的に四分音符も多く、ベースとしての役割が極端にデフォルメ
されていると感じます。

時間的には”暇”ですが、動きは結構難所が多く、他パートとの関係も
勉強不足なので出来自体は”これから”です。


そして、この曲は”ピカルディ終止”が多用されているので、
簡単に調べて見ました。

<ピカルディ終止>
バロック時代に多用された技法で、フランスのピカルディー地方と
関係があるようですが、名前の由来は不明です。
技法的には、短調の楽曲の最後だけが長三和音で終わる形をいいます。

こうする事で、短調の不安な印象から光が差すように転じるので、
短調を人の世界、長調を神の世界と見立ててピカルディ終止を使い、
”神の救い”を表現する事が多いようです。


いい音楽に仕上がるよう、がんばります。
by buinnx | 2011-04-09 12:06 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(0)
<< 罵詈雑言辞典 ギフトトラップ >>