私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

基本に立ち戻って オセロ

まるひろ


色々海外のボードゲームをやってみましたが、
久々に日本のゲーム「オセロ」をやってみました。
(ほとんどルールが同じことから”リバーシ”と言われる事もあります。)

f0112574_21502713.jpg


名称 オセロ
ルール難易度 低
プレイ時間 20分~


うちでは妻が最強です。
私と妻の場合、オセロは妻が100%勝ち、チェスは私が100%勝ちます。
それが分かってからは、二人で勝負する事はほとんど無いです。

しかし、久しぶりにオセロをやりたくなりました。
また、妻が強いという事を聞いた同僚が、「じゃあ僕が戦って見よう」と自信
ありげにやってきましたが。
結果は、彼の惨敗でした。

改めてオセロを見ていると、良く出来ていると思います。
どうやらオセロというゲームは、終盤に近づくほどに「有利な番」、「不利な番」が
明確に、そして正確に交互にやってくるゲームなんですね。

単純に場面の状態から、「白が有利」、「黒が不利」という事ではなく、
そのような状態でも白黒の手番を入れ替えるだけで、状況が一転するようです。
という事は、序盤のうちに自分の手番のリズムが有利になるようにするゲーム
とも言えるわけですね。(ちょいと見た感想ですので、間違っているかも知れません。)

オセロの指南書も色々出ているようですので、一度は読んでみようかと思います。
by buinnx | 2011-04-04 20:22 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< 父の日曜大工 デーセシュ・サボー先生の授業 >>