私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

Chateau Lascombes 1989

まるひろ


久々にワインの話題です。
池袋の西武ワイン売り場をふらふら~と漂っていると、
木箱に入った値下げ品を見つけました。
種類は意外と少なく、元の値段も分からないので、
どれがお買い得なのかさっぱり分かりませんでしたが、
”Grand Vin”と書いてある事と1989年くらいの古いワイン
は飲んだこと無かったので、思い切って購入してみました。

f0112574_21252293.jpg

名称 Chateau Lascombes 1989
    シャトー ラスコンブ 1989(赤)
生産者 Lascombes(ラスコンブス)
生産国 フランス
地区  マルゴー
栽培品種 メルロ50%、カベルネ・ソーヴィニヨン45%、プティ・ヴェルド5%
価格  2000円くらい(見切り品だったので、定価は不明です)


このラスコンブは、1855年にメドックの第2級という高い格付けを獲得しながらも、
土地のよさに対して品質の悪いワインを作り続けていたそうです。
1971年あたりから所有者がかわり、品質の向上がはかられます。
その努力の甲斐あって、このまま高い品質を維持すれば今世紀最大のマルゴーに
なるだろうと言われています。
しかし、そのクオリティーになったのは2001年より後からです。
(掛け捨て30年かかっての品質向上。ワインって恐ろしいですよね。)

今回の1989年は、丁度その過渡期。
品質があがっていたのは確かですが、まだまだ今のクオリティーに達する前の
一本だったようです。(なかなか面白い物を買いました。)


<飲んでみました>
色は美しいガーネット。チーズのような香。丁度飲み頃なのかと思われる。
開けたては、樽の香りと軽い酸味から”さら~”としみこむようにタンニンを
味わえる。始めの印象は水彩画のよう。

しかし、時間がたつと急激に変化した。
やさしいチェリーのような味わいが全体を支配してくる。

<合うもの>
ドライフルーツのパンや、オリーブのパンにぴったり。
チーズなどの油分にもぴったりあう。


意外なほりだしものでした。
多分、もう会えないだろうな。

エノテカ/ちょっといいワイン12本セット
by buinnx | 2011-03-22 21:30 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 停電で会社が不規則だから まげわっぱ >>