私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

ボードゲーム 百科審議官

まるひろ


脳を活性化させるようなゲームの紹介。

f0112574_18365382.jpg


名称    百科審議官(ひゃっかしんぎかん)
メーカー  Josee Design(ジョゼ デザイン, 日本)
発売年   2006年
作者    千石 一郎(せんごく いちろう, 代表作: 百科審議官、テレパス会議)
対象年齢 10才~大人
人数    3人専用
所要時間 30分
ルール難易度:★☆

3人専用のゲームです。
一人、一つ持ち前の輪を担当し、その輪の中に入るルールを決めます。
例えば「世界に一つだけのもの」
といった”ルール”です。

輪の中に入るのは、必ずそのルールを満たしているものでなければなりません。
(この場合「東京タワー」は満たしている事になります)
という事は、3つの輪ですので、空間は7つ(場外は考えていません)で区切られ、
重なりあう空間は複数のルールが同時に成り立つ事を意味します。

この個人が作ったルールに対し、色んな質問(付箋に書いた内容)をぶつけ、
ルールを満たしているか満たしていないかの判定を知る事で、ルールそのものを
理解するゲームです。


初めは、情報が少なすぎるので「さっぱり分からん」、という状態ですが
徐々に内容が見えて来る事で、それまでの謎が消えていきます。
そのばらばらの情報を組み合わせて想像する過程が、
茂木健一郎さんの言う「成功体験」そのものな気がします。

最終的に答えが判明すると、頭の中の靄が一気に晴れて、
本当にいい気持ちがするゲームです。

ただ、難しいのが決めたルールによっては、一般的に存在しないのではないか?
という条件が発生する場合があるのがネックです。
その為、ルールはある程度幅を持ったものが適切になります。

ルールを作るコツさえ掴めば、いいゲームだと思います。
by buinnx | 2011-01-26 22:03 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< Voces Fidelis 第... ”さやか”でのヴォイトレで。 >>