私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

漫画”もやしもん”コラボ商品

まるひろ


一時期のワインの波から、今日本酒の波がきているようです。
いえ、世の中ではなく、ただうちがいただくお酒の種類の話です。

いつもの通り、我が団員の日本酒好きが
「”もやしもん”の日本酒が手に入ったよ~」
と連絡してきたので、早速飲みました。
f0112574_2172271.jpg


内容は右から、

名称 諏訪浪漫麦酒 「アルト」 「もやしもん」コラボラベル 330ml
名称 諏訪浪漫麦酒 「スタウト」 「もやしもん」コラボラベル 330ml

名称 「もやしもん」コラボ 麗人純米吟醸生貯蔵酒 500ml
作り手   麗人酒造株式会社
原材    (酒造好適米としか情報が無いので不明)
精米歩合 59%
アルコール分 15度

の3本です。
全て長野県諏訪市にある麗人酒造の商品です。

飲んでみました。
ビールの2本は、両方とも泡立ちやすく、さわやかな香。
口の中に、入れると最後まで細かな泡が広がり、
喉をこえるまでさわやかな香が続きます。

どちらかと言えば、アルトの方が酸味や重みがあり、
スタウトは(ビールにしては)薄味の食べ物に合いそうです。

苦味は少なく、日本酒好きの団員としては満足のいく一本だったようです。


日本酒の方は、”酒造好適米”という表記がちょっと気にかかりますが
(ちゃんと表記して欲しいです)、丸みがあり、米が同じなのか先日飲んだ
八海山の”越後で候”の味に似ていました。
しいて言えば、こちらの方が少しスッキリした味。


それにしても、”もやしもん”とのコラボは意外に結構でてるみたいですね。
日本酒は、ワインなどより格段に安くいいものが手に入りますから、
こういった所で”真面目な仕事”をしていれば、ブームは来ると思うんだけどな。
by buinnx | 2011-01-18 21:38 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< ワイン ラバーズBOOK グレゴリオ聖歌の勉強会 >>