私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

高麗王 蔵見学

まるひろ


西武線沿線の酒造のスタンプラリーを、遅まきながら始めました。
丁度以前投稿した”大豆工房 みや”さんに行く途中に、長澤酒造
がありましたので行ってみると、丁度新酒祭り(?)をしていました
ので行ってきました。

f0112574_18254113.jpg


丁度時間がお昼前だったためか、ほとんど人がいませんでしたが、
酒を造る道具や作り方を丁寧に教えてくれました。
寒い日だったので、無料の甘酒は大変温かかったです。

f0112574_1827669.jpg

↑こす前の状態 香りだけでも、人によっては酔いそう。

新酒を試飲しつつ、折角来たので酒まんじゅうと日本酒のロールケーキと、
香りが良かったので(ドライバーだったので飲んでません)、一応参考に
720ml 1500円程度の物を2本購入しました。

飲んで見ると、やはり香りは大変ふくよかで、広がる味を想像させます。
しかし、口に入れて見ると意外に味の方向性が薄く、しかも舌に残り続ける甘み
と重い感覚はすぐにお腹いっぱいになる感じがします。
好き嫌いがはっきり分かれるお酒だと思いました。


長澤酒造
1844年創業。高麗川近くに位置する酒蔵。
主銘柄「高麗王」、「君が旗」や蔵元限定の季節のお酒「初しぼり」を販売。

f0112574_18535341.jpg

↑蔵内部 手前の機械で蒸した米を飛ばして(白いダクトを通ります)、
奥のタンクまで運んでいるそうです。
by buinnx | 2010-12-11 18:52 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 大鷹の湯 Freixenete RESE... >>