私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

The Christmas Song 訳

まるひろ


クリスマスコンサートに向けて練習が進んでいるなか、
友人の作曲家 坂部剛 がコンサート用にThe Christmas Song を
編曲してくれました☆感謝感激

本番で歌えるだけのクオリティーを出せるか
微妙なタイミングですが、がんばります。


彼が作ってくれたのは、The Christmas Song 。
1930年頃から有名になったアメリカのジャズピアニスト兼、歌手
のNat King Cole(ナット・キング・コール)さんの曲です。
コールさんは1965年に死去されているので、(詩などの著作権は
50年あるため)ここに原文を載せる事は違反対象に
なるので、団員が訳してくれたものだけ記載します。

<詳しくは”社会法人 著作権センター”でどうぞ
<http://www.cric.or.jp/index.html


"The Christmas Song (Chestnuts over an open fire)"
作詞 Nat King Cole (本文は著作権に関係するため、記載していません)

クリスマスの歌(暖炉の栗)

暖炉ではぜている栗の実
鼻をジンジン凍らす冬将軍
聖歌隊の歌うクリスマス・キャロル
エスキモーのように着飾った人々
誰もが知っている七面鳥や宿り木
みんなでこの季節を輝かせるお手伝い

目をキラキラさせた幼な子は今夜は
眠れそうにないもうすぐサンタがやってくる
そりにおもちゃとお菓子をどっさりのせて
子供たちはみんなひそかにトナカイ本当に飛んでくるかと見張ってる

さぁ このシンプルな言葉を贈りましょう
1歳から92歳の子供たちに
いく度も言われてきた言葉だけれど
楽しいクリスマスでありますように


※詩の記述を修正しました
by buinnx | 2010-11-10 00:30 | 合唱団”結”練習報告 | Comments(0)
<< Cotes du Rhone ... まんさくの花 >>