私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

2009 CORBIERES LE BLANC DE VILLEMAJOU

まるひろ


ふらっと妻が白ワインを買ってきたので、飲みました。

f0112574_22184517.jpg


名称 <2009 CORBIERES LE BLANC DE VILLEMAJOU >
     [2009] コルビエール“ル・ブラン・ド・ヴィルマジュー”

品種 マルサンヌ ルーサンヌ ブールブーラン マカベオ  各25%
地質 石灰岩質、粘土質、花崗岩質など
生産者 GERARD BERTRAND
原産国 フランス 
地域 ラングドック・ルーション


フレッシュで、口の中に湖ができたように潤ってくる白です。
飲み口はやさしく、少しの酸味と甘みがよく混ざり合っています。
個人的には、こういったやさしい白。好きです。


いろいろ調べてみると、(2000円程度では)結構有名なものらしく近頃では
エールフランスのビジネスクラスに搭載されたと、盛んに書かれています。

ラングドック・ルーションは、その気候のよさから全フランス生産量の4割を占める地域で、
日常的な安ワインが多く出ているようです。しかし、近頃は質を高める動きがあり、AOCへの
昇格も増えているとのこと。

今回飲んだものは、これまた他のHPからの引用ですが、以下の方法で製造されたそうです。
”発酵はマセラシオン・カルボニック方式 (ブドウの房をつぶさずに
そのままタンクに入れ、ブドウ自体の重みだけでつぶし、発生した二酸化炭素の効果
で発酵させるらしいです。)を用いているため、ボジョレー・ヌーヴォーのようにフレッシュ
さを活かして仕込むことができます。特にカリニャンは他の品種より発酵期間が数日短く軽めに。
熟成は30~40%新樽のフレンチオーク。10~12ヶ月の熟成を経て、ノン・フィルターで瓶詰めされます。”

参考 http://www.enoteca.co.jp/


(ただ若干、エチケットの文字の配置が他のHPと違うのはなぜ?)
by buinnx | 2010-10-07 22:21 | まるひろ とアルコール | Comments(0)
<< 自分の感受性くらい  松下耕 新作 うえしんちえこ 版画展 >>