私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

ドミニオン 錬金術 感想

まるひろ


さっそくドミニオン 錬金術をやってみました。

f0112574_17585142.jpg


前評判通りに、ゴーレム、支配のカードは大変強力なカードでしたが、
山札のアクションカードにコイン効果のあるものが無い場合、
山札を回すだけのカードに成り下がってしまいます。

また、支配のカードは支配したプレイヤーと自分の戦略が似ていれば、
邪魔しつつ有利に進められますが、違う場合それほど効果を得られない
という印象を受けました。

ゴーレムと支配を組み合わせた圧縮型のデッキを作ると、毎ターン支配が発生する
という隣のプレイヤーとの仲たがい必至な現象がおきますが、あまりうまみを
感じませんでした。


逆に、賢者の石や葡萄園の強さが光っている気がします。
どちらもポーションさえ上手く回るようにデッキを組んでおけば、どうにも手がつけられない印象です。


正直、ドミニオンはボードゲームとして考えると微妙な位置にいますが、
やっぱり面白いですね。
by buinnx | 2010-07-11 18:13 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< クリスマスコンサートの内容決定 サピオ稲荷山 >>