私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

ジャングルスピード 感想 4人プレー

まるひろ


やっとジャングルスピードをやってみました。
やりたいとは思っていたのですが、3人しか集まらなかったり、
何となくドミニオンの海を久々にやりたくなったりと回り道しました。


f0112574_13514587.jpg

ジャングルスピード
プレイヤー 2~80人
プレイ時間15分


基本的には、カードの絵柄が同じ人同士が、素早く真ん中の棒(ゴム製)をとり、
取れなかった人にカードを押し付けるゲームです。(多少内容を省略しています。)

4人でプレーしましたが、意外にも目に神経が集中するため、基本的に終始無言。
そして、勝負は一瞬。ぼーっとなんてしてられません。

相手が気が付く前にポールを取れると、爽快感抜群です。


やってみて気が付いた事は
カードをめくる側の人の方が、微妙に不利ということ。
カードのめくる方向もルール上決まっているので、どうしても他のプレイヤーの方が早く
絵柄に気がつける特権があります。そのため、「めくる」のは出来るだけ素早くした方が
いいと言う事になります。

また、このゲームで一番つらいのは「おてつき」
多少、勝負に負けるより、「おてつき」で場にある全てのカードを受け取らないといけない方が
つらいので、間違えない事が最優先になる気がします。(間違えさせるフェイントってのも有効です)


飲みながらやる 飲みゲームに最適です。
by buinnx | 2010-07-04 14:01 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< ほぼ一ヶ月ぶりに Dopff & Irion C... >>