私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

Brilliant Harmony 第21回定期演奏会

まるひろ


まず、21回も定期演奏会を行っている事が凄い。

先日の土曜日に、午後バスケットの練習をした足で川口リリアまで行ってきました。
川口といえば、古くは鋳物の町で車で行くと、所々にくず鉄を扱っている場所が
有りました。

f0112574_20335562.jpg

f0112574_20122449.jpg


一度、ここでも勝手に宣伝したしたが、いつもお世話になっているブリリアントハーモニー
さんの定期演奏会に行ってきました。

すばらしかったです。

4日前までメンバーの多くがイタリアに行っていたとは思えない音楽、クオリティー。
プログラムの中で全部にコメントすると長いので、1Stのみ感想を言いますと、

1st の
「ha...(RIVER SONG)」  Orban Gyorgy
「Everyone Sang」 松下耕
「国来、国来よ」  千原英喜
の3曲は特に好みでした。

ステージ構成的にも、(多分)団員の声がこなれてきた時に歌った3曲で
ha...は、まさしくハンガリーの音と、曲中に組み込まれた民謡のメロディーが
よどみなく融合しており、曲の中に自然を感じました。

Everyone sangは松下先生が、シンガポールのユースフェスティバル2007
の課題曲として書かれた曲で、全体にこめられたエネルギッシュな感じがいいです。
是非、結でもやってみたいのですが、日本では出版されて無いようで、、、
松下先生の家に模写しに行くしかないですね☆

国来、国来よ は、国引き神話(出雲国に伝わる神話)のテキストを曲にしたもので、
声の音楽的効果を最大限に引き出してた曲でした。
途中、女声合唱団だが男声合唱団が客席から参加(あるワンフレーズのみ客席から
歌う)という手法をもちいており、会場が一種の神話の中に入ったような感覚におちいります。

すばらしい演奏会でした。
ブリリの皆さん2回公演合わせて5時間の本番、本当にお疲れ様です。
by buinnx | 2010-06-20 20:34 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)
<< 所沢北高校音楽部 第8回定期演奏会 飯能の広報に載りました >>