私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

カストラート

まるひろ


ずーっと欲しかったんです。

映像って意外と廃盤になったりするのが早いようで、
それはCDとかも同じなのかも知れませんが、
この「カストラート」もその一枚。

f0112574_21515851.jpg


『カストラート』(伊Farinelli Il Castrato, 英Farinelli)は、
実在したバロック時代のカストラート歌手 ファリネッリの生涯を描いた伝記映画である。
1994年製作。イタリア、ベルギー、フランス合作。ジェラール・コルビオ監督。


カストラートとは
男性を去勢することにより男性ホルモンの分泌を抑制し、
変声期(俗にいう「声変わり」)をなくし、ボーイソプラノ時の
声質や音域をできうる限り持続させようとしたもの。
一方で成長ホルモンは分泌されるため、身長や胸郭は通常どおり成長し、
胸郭をはじめとする骨格や肺活量の成長などは成人男性とほとんど変わらず、
声のトーンや歌声の持続力は未成年や女性歌手では再現できないといわれる。
彼らの声は甘く、野性的でそれでいてとても官能的だったと言われる


こういった物は、いつまでも売っているものだと勘違いしてまして、
改めて、欲しくなって、気が付いたら廃盤。
手に入れるのに多少の度胸がいりました。


すばらしい映画です。
by buinnx | 2010-04-06 21:59 | 合唱団”結”関係 | Comments(1)
Commented by a at 2010-05-10 14:35 x
この映画を教えてくれたのは、わたしが高校3年生の時の美術の先生。当時20代後半くらいの、美しい先生でした。
あ、私、もちろん音楽選択ですよw
習っていない(ということは先生っぽくない)、しかも芸術分野の先生って、いいですよね。

カストラートに、自ら望んでなる子はほとんどいないわけで・・・
あたりまえですよね。

一流の歌手となる弟と、二流の作曲家の兄の屈折した関係。
そして、天才作曲家、ヘンデル。
「バロック」を堪能できます。

原価の3倍くらいしましたが・・・www
価値あり、です。


<< 飛露喜「純米吟醸」特撰吟醸 浅草演芸ホール >>