私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

市民劇団 銀杏の会 「西遊記」 を見に行きました

まるひろ


久しぶりにミュージカル(?)なるものを見ました。

市民劇団の名前の通り、対象は子供から親御さんまでと幅広いため
内容はアクションよりでしたね。

ところどころで出てくるダンスチームの子供の可愛さや、メイド役や、お釈迦様が最終ボス
だったりとか原作には決して無いだろうな。といった演劇独自の表現が楽しかったです。

原作と言いましたが、「西遊記」って本来どういった話かわからない事に気が付きました。
例によってWikipediaで検索してみると

『西遊記』(さいゆうき、西游记・西遊記 Xīyóu Jì)は、中国で16世紀の明の時代に大成した伝奇小説で、唐僧・三蔵法師が白馬・玉龍に乗って三神仙(神通力を持った仙人)、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供に従え、幾多の苦難を乗り越え天竺へ取経を目指す物語

となっており、そう考えてみると内容はその通りだった気がします。


今回、久々にミュージカルを見て分かった事は、劇はあまり好きでないという事です。
私が見たことのある劇って、基本的に役者は大声で怒鳴っている(怒っているわけではなく)
事がおおく、見ていて何となく疲れるのですが、その点ミュージカルやオペラは適当に歌っていて
くれる時間があるので、耳からの情報に緩急がついていて心地いいんだと思います。

いいとも!のタモリさんは「何でいきなり歌いだすのか分からない」といって、
ミュージカルが嫌いと聞きますが、心地よさを考えてもミュージカルは嫌いなのかな?


f0112574_2229074.jpg



P.S

これを見た後、新宿で大学の研究室のOB会に出席してきました。
歌舞伎町の飲み屋だったのですが、人の多さと雰囲気に泣きそうになりました。

おら 山のふもとがいいだ・・・
by buinnx | 2009-12-02 22:29 | 合唱団”結”関係 | Comments(1)
Commented by 部員エクース@toyo-u at 2009-12-03 14:41 x
俺も渋谷新宿あたりの人ごみは涙が出ます.
よけどもよけども人が向かってくるあのスクランブル
交差点の恐怖・・・w
<< 楽譜を買った意味がない! 2009年 アリババと15人の盗賊 >>