私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

2009年 アリババと15人の盗賊

まるひろ


今日は100%満月のようですね。
天気もはれていたので、思わず車から携帯で写真をとったりしていました。
秩父の夜祭にとっても最高の絵になりそうですね。


さて、先日 慶應ワグネルの関係から「アリババと15人の盗賊」に行ってまいりました。
去年は聞きにいけなかったので、2年ぶりとなります。

相変わらずのサントリーホール(小)を三日間借りての3回公演。
皆さんの若さと底なしの体力に驚く限りです。

毎年、曲は隊長と呼ばれる宮島さんが作詩・編曲されています。
この方が、本当に頭がいい。
詩の内容もさることながら、間のトークも本当に上手くて楽しませていただきました。
どうしたら、ああも観客に対して次から次へと楽しませる言葉が出てくるのか。
こなれてきた物の違いを感じます。

今回の演奏では、途中で止まるというハプニングもありましたが、
そんな事もなんのそので、さらっとやり直すあたりが逆に心地よかったです。

個人的には「プカプカ ディランⅡ」がお気に入りでした。


来年も、是非いい演奏を期待しています。がんばってください。

f0112574_2281442.jpg

by buinnx | 2009-12-02 22:08 | 合唱団”結”関係 | Comments(2)
Commented by 部員エクース@toyo-u at 2009-12-03 14:39 x
何歳ぐらいの人たちなんです?
三日連続ってだけで相当パワー要りそうなのに・・・
オッサンパワー恐るべし・・・w
Commented by 宮島将郎 at 2009-12-14 00:54 x
浅見先生ご夫妻、ご来聴ありがとうございました。

アリババの平均年齢は12月14日現在で66.53歳。
オッサンパワーならぬジーサンパワーで、
まさに高齢化日本の象徴ですが、
命が続けば、90歳まで歌うつもりです。

しょせん素人に<芸術>は出来ないので、
<芸能>をやるという信念のもと、
演奏、司会、ユーモアなどを織り交ぜて、
勝手気侭にやっているのがお客さんに喜ばれています。

今年はサントリー3回、京都1回の合計4回やりましたが、
歳をとると、くたびれているのか、
いないのか判らないのをいいことに無茶をやっています。
そうそう、歳をとると頭が悪いのを誤摩化すのも上手くなりますね。

こんな具合ですから、
本心はプロに聴いて欲しくないので、
浅見先生は筋違いなのですが、
入間での呑み仲間として歓迎しました。

先生、また入間で呑みましょうね!
<< 市民劇団 銀杏の会 「西遊記」... 11月27日練習報告 >>