私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

理想の合唱を探しましょう

まるひろ

いよいよ合唱祭に向けて、ラストスパートとなってきました。
やっぱり本番があるっていいですね。本番があるからこそ、その音楽にどっぷり浸かること
が出来るわけで、無いと垂れ流すように歌うだけになるんですよね。

今回は、人数の関係から SAT(B)
の3声の曲を選んだわけですけど、人数が少ないと生の声が前に出てしまい
なかなかハモらない。

その原因は? となるとあまりにも明確で、合唱団の団員の発声方法が各々違う
ということですよね。
前回のボイトレでも 阿先生に、結の人数では合唱というよりアンサンブルとして
響きの多い発生法を会得しないといけない。
とご指導いただきました。

全くそのとおり、極端な話 結のような少人数の合唱団において、我の声ってのは
(これが、場合によって持ち味になると思いますが)
本当にいらないんだと思います。

いかに同じ発声法、同じ響きを全員でだすか?
この点に集約されるように思えます。


今の世の中、音楽の演奏を聴こうと思ったら大変便利で、PCを開いてちょちょいと検索
すればすぐにでも誰かの歌が聞ける、今度の本番が終わったら色んな合唱団の音源
を聞きながら、どの合唱団の声がいいか皆で話してみたいです。

(今までそういった事が無かった事が問題ですよね)



飯能市民合唱祭

11月14日
結 3時30分頃 出番です。
by buinnx | 2009-11-03 17:21 | 合唱団”結”関係 | Comments(1)
Commented by 部員エクース@toyo-u at 2009-11-04 11:49 x
同じ音程でもハモリ難い声と,微妙にずれても聞け
ちゃう声だったら,あきらかに後者からスタートする方が
結果としていい音楽ができそうな気がしますよね.

パート内はもちろんのこと,パート間でも声(息)を
そろえるというのはなかなか難しいですが,この辺を
突き詰めていかないとよりよい音楽ができない気がします.

バンドのライブとかで,ギタリストやベーシストが曲ごとに
ギターやベースを交換していますが,なんであんなことする
のかな~と思っていました.でもあれは曲にあった音色の
楽器を選択してるってことですよね.その点が最近やっと
理解できました.まさしく,今の俺達は曲に合った声を
みんなで出す!!これが目標ですわ!w

ではまた.
にしても眠いw
<< パンデミック 無駄にハードモード 第1回 ワイン倶楽部報告 >>