私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

新作 DIXIT(ディクシット)とあやつり人形

まるひろ


おはようございます。
今日は、足の痺れと痛みがひどいなかの投稿です。


さて、先日スゴロクラブの方で新作をやってみました。
(新作といっても、ゲームとしては以前よりあるので、あくまで私達にとっての新作って事です)


やったのは、

「あやつり人形」

「DIXIT(ディクシット)」

です。



あやつり人形
f0112574_8125811.jpg


ターン毎にキャラクタを決めて、その能力を活用して8つの建物を建てるのが目的のゲームです。
このゲームはキャラクターを選ぶのにそのほとんどの時間を費やします。
そのため、今回は4人だったので1ゲーム60分となっていますが、推奨の7人になってくると
120分かかるようです。ゲーム時間はさておき、内容的には4人でも面白かったですが
7人(拡張パックを使えば8人)が一番おもしろいらしいです。 是非集めてやりたいです。



DIXIT
f0112574_8131123.jpg


なんとも表現し難い絵を使うフランスのボードゲームです。
簡単に言うと、お題を出す人と答える人に分かれて、お題を出した人の絵を当てるゲームです。
お題を出す人は、絵の内容を 単語 文 音 ジェスチャー 歌 などあらゆる手段を使って、
全員にはわからないように、しかし一人には分かる くらいの中途半端なお題をだして特定のルールに
そった点数を獲得していくゲームです。
フランスらしい曖昧さ加減と、絵やコマのディテールの良さが グッ と来ます。
また、やってみた女性にはかなり人気。ドイツ系のシステムチックな所が嫌いな人にお薦めです。


以上、新作の内容でした。


P.S

私が入院していた病院で、文化祭が開かれました。
その時、車椅子ラグビーが行われたので、その写真です。結構見ていて楽しいですね。
f0112574_8135666.jpg

ちなみに、車椅子ラグビーは頚椎損傷でないと出来ない競技なので、脊椎損傷の私は
選手にはなれません。
by buinnx | 2009-10-26 08:14 | まるひろ とボードゲーム | Comments(0)
<< 第1回 ワイン倶楽部報告 ベニベニ >>