私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

全日本合唱コンクール 東京都大会

まるひろ

こんばんは。
いつも行くガソリンスタンドでガソリンを入れようと思ったら、
「兄ちゃん 今日は夜だから洗車はしないの?」
ってそこの親父さんに言われるまでになりました。(?)

毎度毎度、車椅子で洗車と車内清掃していく私の姿が
かなり目立っているんだと思います。はい。



さて、日曜は 合唱団 瑞樹 が全日本合唱コンクール東京都大会に出場とあって、
応援に行ってきました。場所は文京シビック。

自分の勉強のためにも、朝10時から5時過ぎまでの長丁場をし~っかり聞いてきました。
さすがに何もしないで聞いているのもナンなので、勝手に決めたルールで厳しい審査
をしつつ、仕事で使う技術書(締結関係)を勉強しつつ聞いてました。

はっきりいって、飲み物こそ飲んでないけど、生で演奏してくれている喫茶店の気分です。

しかし、厳しい審査は健在。
音圧 音程 バランス
の3つのカテゴリーを10段階評価で全団体を勝手に審査。

是が結構面白かったですね。
例えば、課題曲で 7 6 7 といった審査をするんですけど、その後の自由曲の出来で
それが 8 6 7 と、音圧 の評価をあげたりするんです。

なんで、こんな評価をしたかというと、かねてより思っていた
「音量があるところが賞に選ばれ易いのでは?」

「男声合唱団には、最低1団体は甘くつけるのでは?」
といった疑問があったので、自分に分かり易く評価したわけです。

結果は・・・ と言いたいですが、
個人の審査基準もあるでしょうし、どの合唱団も頑張った事は紛れもない事実なので、
それに対して「あんたの合唱はこうだ!」と言われてもね・・・・

と、一人の合唱人として思うのでその辺はうやむやに。

ちなみに、優勝は菊華アンサンブル
まったくもって妥当だと思いました。自分の評価を見返してみても、どこが悪いのか言う事のできない
演奏だったと思います。超えるには、私の想像を超えた演奏をしてもらわないと・・・



んで、話はそれましたが

 瑞樹 の皆さん本当にお疲れ様でした。

瑞樹さんの並々ならぬ努力が十分に伝わってきました。
お世辞をいうつもりはさらさらありませんが、課題曲は本当によく出来ていたと思います。
練習から見ていたので、本番も手に汗握る気持ちでガン見してました!

声は、以前の瑞樹では考えられないほど会場に飛んでいました。やはりヴォイトレの成果か!
麦藁帽子もいい感じで歌えてましたし、ターニャの演奏もすばらしかったです。

しかし、苦言をいうならフレーズを通してその発声を続けられない部分が気になりました。
どうしても、息が無くなる(または支えが緩む)フレーズの最後の方は、
以前の発声がのぞいてしまい、急に聞こえにくくなっていたような気がします。

今後の課題は、やっぱり発声と体力ですかね。来年までに最初のクオリティーを4曲目
の「やどかり」までやり通せる体力を是非つけてもらいたいです。

そして、多分 4曲はおおかった・・・・ 自由曲の選曲方法という面でも、勉強になりました。

本当にお疲れ様です。次回(は演奏会かな?)を楽しみにしています。


俺も発声がんばりま~す
by buinnx | 2009-09-28 21:24 | 合唱団”結”関係 | Comments(2)
Commented by ヨシムラ at 2009-09-29 22:48 x
瑞樹のヨシムラです。
まるひろさん、お越し頂きましてありがとうございました。
とりあえず、課題はありますが、まずはメンバー皆の
意識が変わった様な気がしています。

次のステージでは結の皆様に
いい演奏をお届けできるよう、精進します。
Commented by まるひろ at 2009-10-08 12:43 x
結もSVECがんばります!
<< 先日の練習報告 旅行 >>