私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

第5回 ガイア・フィルハーモニック・クワイヤの演奏会に行ってきました

まるひろ


先日ガイア・フィルハーモニック・クワイヤの定期演奏会に行ってきました。
今回は Frieder Bernius さんが来日し指揮を振るということもあり、
ちょっと無理をしていってきました。

第1ステージ 混声合唱とピアノのための 「この星の上で」
 私の好きな曲でしたが、残念ながら地下鉄の乗り換えに時間がかかってしまい、
 間に合いませんでした。

第2ステージ 無伴奏混声合唱のための 「4つのモテット」
 始めは、合唱団が緊張していたのか?迫力的なものが薄く、一人一人の声が
目立っていた印象です。


第3ステージ ブラームス合唱作品集

Bernius氏が振るのは 第3ステージのブラームス合唱作品集です。
 Bernius氏が振ることで、合唱団の音がよくなったのかそれまでのガイヤよりも色彩・幅ともに
ある歌い方になっていました。Bernius氏の振り方は なんとな~く ふら~ ふら~
とした(よく言えば)自然体な振り方をしていました。
 結で近頃行われている発声の自然体を思わせる振り方で、歌い手の力を抜く事を目的に
した振り方だったのかな?とも思えました。もちろん曲調にもマッチさせた上でですが。

しかしながら、ぶっちゃけ ブラームスには悪いですが、曲調がなんとな~く似ていて、眠気を誘ったのも
事実ですね。個人的に好きな 「Warum ist das Licht gegebet dem Muhseligen」
は眠気も去り、楽しかったです。


それでは、この辺で・・・
by buinnx | 2009-09-26 10:55 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)
<< 旅行 ヴォイトレ~ >>