私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

所沢北高校の演奏会にいってきました2009

√だます

あつい日が続きますね。あついだけで、体力を奪われてます。
そりゃあ 眠くもなりますよね。


先日、6月18日に所沢北高校(以下 北高)の演奏会に行ってきました。
今回も所沢のミューズでした。
ルネ小平に行ったばっかりでしたので、
まず、ミューズの会場としての音の良さにびっくり。

錦城高校も所沢でやってほしーなー
なんて勝手に思っていました。
絶対に、そっちの方が演奏側も気分いいとおもうんですよね。
まあ、観客の関係上、なかなかおいそれと学校から遠いとこで
やるのは難しいと思いますけどね・・・・
(結もやるならミューズがいいなー)

場所のことはさておき、演奏会の事について。。。

特筆すべきはやっぱり第三部「ヨーロッパの巨匠」の
・TROIS CHANSONS より Ⅲ.RONDE  作曲 Maurice Ravel
はよくうたったな~って感じでした。俺が歌う側だったら絶対に適当に
言葉をはしょってごまかしているだろな~って思いますね。
あのレベルで歌えるようになるまで、どれだけ嫌になりそうになったか想像に
難しくないです。でも、そのがんばりが十分に音楽に反映されていたと思います。

まあ、歌っている側は、もしかしたら必死でしかなかったのかもしれませんが・・・


あと、錦城高校も合同でのったCantique de Jean Racine
ですね。やっぱり、ミューズの方がいい音・・・
やっぱり、私もうたいたいな~


全体を通して一言いうなら、第二部のポピュラーステージで歌った
「TSUNAMI」は何故かよかったですね。
正直、一番いいこえが出ていた気がする・・・・ それでいいんだろうか?


その他

北高名物といえば、なぜかパンフレットより厚い裏パンフレット。
歌詞カードはまあ分かるとして、その他は団員の勝手な妄想と発想の爆発物ですね。
今回もその爆発ぶりはいい感じですね。高校生らしくて私は好きです。
ただ、一人一人が分からないので、関係者に比べて楽しさは50%くらいかな?
ぶっちゃけ、帰宅後の妻の方が楽しそうに読んでいます。
ちなみに、彼女が特に笑ってたのは、「地元自慢」でした。

本当に皆さんお疲れ様でした。
次回の演奏会も楽しみにしています。

P.S

先日、木の葉パンなるお店に行ってきました。
場所は、飯能から青梅坂に行く間にあります。
ここにも、とーってもおいしいパンがありました!
後日、そのことについて投稿しますね。
by buinnx | 2009-06-24 16:06 | 合唱団”結”関係 | Comments(0)
<< ぱぱんだぱぱぱ モダンアートについて考えました >>