私、まるひろは
飯能の自家焙煎珈琲屋 Café BROWNのマスターであり
飯能で活動している混声合唱団”結”の団長であり
2人のかわいい娘の父であります。


Amazon アフィリエイト

モダンアートについて考えました

√だます

近頃は、カタンやドミニオンをやっているので、あまり話題に
上がりませんが、個人的にはモダンアートがやっぱり好きです。

簡単に説明すると、自分に配られたカード(作者の違う絵画)
を順々に競売にかけていき、1ラウンド終わるまでに同じ作者の
絵画がどれだけ場に出たかによって、

出た枚数が多い→人気が高い→価値がある

といった判断をされ、最終的に購入した絵画に価値がつくゲームです。


始めは、どうやってやったら勝てるのか読めないゲームなんですけど、
場の流れが読めてくると、本当に楽しいですね。

一回のゲームで4ラウンドまであるのですが、全体を通して、自分の持ちカード
から、どのような流れになると自分が得をして、他のメンバーが損
をするかを先読みしていくわけですが、ゲーム全体で使用するカードの
枚数があらかじめ限定されているわけなので、4ランド全体を通して

一つの絵画が独占的に人気になることは無いので、自分が1ラウンドで
価値の出ない(人気の無いカード)をたくさん持っていても、後半を考えれば
決して損ではなく、むしろ、ラウンドごとに1番人気にならなくても3位あたりを

ちゃくちゃくと取るように仕向けていけば、最後には大もうけ・・・なんてわけです。

この面白さは一言では言い表せませんね。
是非プレーしてみる事をお薦めします。


では、今回はこの辺で・・・・


P.S

所沢北高校の演奏会の感想は後日・・・投稿します。
by buinnx | 2009-06-18 23:43 | まるひろ とボードゲーム | Comments(2)
Commented by 部員 at 2009-06-21 00:05 x
負けると悔しいっていうのもこのゲームの
特徴だと思います。なぜならば、モダンアートは
自分の力量が結果を左右するから・・・・
負けるとくやしいーーーーw
Commented by buinnx at 2009-06-24 16:07
√だます
だから、勝つとたのし~
<< 所沢北高校の演奏会にいってきま... ドミニオンとゴキブリポーカー >>